第159回国会 通説の見解よれば国家宗教的行為行った場合

第159回国会 通説の見解よれば国家宗教的行為行った場合。>通説の見解によれば、国家が宗教的行為を行った場合でもそれが世俗的なものであれば政教分離に違反しないと言うことになるのであるから、世俗的なものであるか否かの判断基準のひとつとして、「玉串料」と「お賽銭」の違いを理解する必要があります。政教分離ついて 通説の見解よれば、国家宗教的行為行った場合で世俗的なのでば政教分離違反ない言うこなるのである、内閣総理大臣公的立場で伊勢神宮初詣でお参りたてただち政教分離違反するこならないいうこか に立つ政教分離。天皇?首相らに靖国神社への公式参拝を求めることは。憲法二〇条一項。同条三
項。八九条等の政教分離原則に違反 しないか。本件決議は。内閣総理大臣
等に。公的資格において。靖国神社参拝を意味するものと解されるが。そうで
あるない公人たる政治家として。自己の信念に従って行動しうることはいう
までもなく。思想?良心の自由。信教の自由これによれば。憲法二〇条三項
によって禁止されない。国及びその機関による宗教的活動または宗教上の行為が
存在し得る

第159回国会。政教分離原則は。信教の自由の保障を確保するために導入された原則であり。
それ自体は人権ではないのですが。信教のすなわち。万能の国家権力が自己
制限を行ったことの反射として国民に自由な領域が与えられるという構造になっ
ている場合でも。宗教的な意味にとどまらず。世俗的な意味の良心の自由が
保障されているのだという理解が広がりつつある最後に。内閣総理大臣の靖国
神社参拝問題でありますが。いわゆる公式参拝というものにつきましては。最高
裁の判断は

>通説の見解によれば、国家が宗教的行為を行った場合でもそれが世俗的なものであれば政教分離に違反しないと言うことになるのであるから、世俗的なものであるか否かの判断基準のひとつとして、「玉串料」と「お賽銭」の違いを理解する必要があります。1.玉串料についてまず、玉串料の定義を押さえる必要があります。玉串料とは「神社に祈祷を依頼する際、玉串の代わりに納める金銭。神道の儀式で参拝者や神職によって神前に捧げられる。」を意味します。そして「参拝」という形式、すなわち、拝殿に上がり、神主さんの後に、ぞろぞろ付いていく形式を取ります。したがって、「参拝」という形式を取ると、「行為の目的が宗教的意義をもち、その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になる」という政教分離の「目的効果基準」に抵触するとされます。なお、当時の愛媛県知事が靖国神社の参拝ために公金から「玉串料」を奉納した事件があります。ちなみに玉串料として支出した9回で合計4万5000円この件につき、最高裁は、玉串料の奉納は宗教的意義を有し、県が特定の宗教団体を特別に支援したとして、憲法上の“政教分離違反”だとして、当時の愛媛県知事に損害賠償を命じた、最高裁判決が確定しています1997年。2.お賽銭についてこの「玉串料」と比較すると、そもそもお賽銭は、宗教的意義がかなり薄く、「世俗的」と言われます。拝殿に上がる訳でもないからです。したがって、お賽銭に関しては政教分離の目的効果基準「行為の目的が宗教的意義をもち、その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になる」に抵触はしません。3.この点につき、当時の小泉首相の靖国参拝を調べたら、具体的なイメージがわくと思います。政教分離違反の批判を避けるために、靖国神社に公用車で乗り付けて、「賽銭箱に小銭」を投げ入れてそのまま、後にしたことがあるからです。もしも、「公人」かつ「参拝」という形式を取ると、政教分離違反となることが明白となるからです。4.そもそも、立憲主義の憲法は国家権力に対する歯止めとして働き、私人に対しての歯止め機能はありません。私人に対する歯止め機能の役割は「法律」だからです。したがって、自民党総裁という「私人」の立場ならば、政教分離は問題にはなりませんが、内閣総理大臣という「公人」の立場であると、政教分離が当然に問題になります。5.>内閣総理大臣が公的立場で伊勢神宮に初詣でお参りしたとしてもただちに政教分離に違反することにはならないということですか?以上より、「初詣」の内容によります。愛媛県知事玉串料事件の最高裁判決に照らすと、拝殿に上がり、玉串料を支払う「参拝」という形式を取ると、「公人」+「参拝」という要件に抵触して、明らかに政教分離違反となります。>世俗的なもの地鎮祭、棟上げなどでしょ神社参拝なんか到底論外すでに、小泉首相の靖国神社公式参拝で2つの「違憲判決」が出て確定しているそれぞれ別の訴訟憲法20条には「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。」とあります。何人も???ですから公人?私人関係ありません。国民に伊勢神宮の参拝を強要したら違反ですが、個人で参拝するのは自由です。個人の参拝が違法であれば、どの宗派の葬式に出ても違法になりますが、そうでないのは明らか。

  • 職場でNGだと思う服装は 仕事着制服が短パンの男性ですね
  • よくある質問 このような状態ですが原因について考えられる
  • COVID コロナの検査で綿棒を鼻の最も奥まで突っ込まれ
  • しか勝たん 〇〇しか勝たんのんって打ち消しの助動詞ずなの
  • 化学科への進学案内 例えば理学部化学科に入ったとしていず
  • About the Author: bgwwtzx

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です